ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

環境

環境方針

基本方針

三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社は、地球環境の保護と調和を経営の最重要課題のひとつと位置づけ、製品の開発・製造・販売・サービスを中心とした事業活動のあらゆる面で環境への負荷の低減に努めるとともに、環境保全に配慮した製品・サービスを提供することにより、グローバルな視点で持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

行動指針

  1. 環境マネジメントシステムにもとづき、環境パフォーマンスを向上させ、環境に関連する法規、条例及び協定等の要求事項を順守するにとどまらず、汚染の予防と環境保護のための自主基準を定めて運用・評価し、地域社会との共存に努める。
  2. 事業活動、製品の研究開発、設計、原材料の調達、製造、輸送、使用、サービス、廃棄に至る全ての領域で、環境に与える直接並びに間接的な影響を把握し、技術的・経済的に可能な範囲で、環境目的及び目標の設定・見直しを行い、環境の継続的改善及び汚染の予防と環境保護に努める。このため、次の事項に配慮し、環境への負荷の低減に努める。
    1. エンジン、ターボチャージャ等の製品について、低公害化・省エネ化・リサイクル化・有害化学物質の非含有化を考慮した開発設計に努める。
    2. 環境に影響を与えるおそれのある設備・工程等を管理し、汚染の予防に努める。
    3. 生産諸活動におけるCO2及び環境関連化学物質の使用削減、省エネルギー・省資源に努める。
    4. 工場排水の水質維持管理に努める。
    5. 廃棄物の発生抑制と分別等による再使用、リサイクルに努める。
  3. 環境教育、広報活動等を通じて、三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社で働く全ての人に対して周知し、環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図り、先進的な環境保全体質の構築に努める。

この環境方針は、内外に公表する。

適用活動範囲

エンジン・発電システム・発電セットの開発、製造、販売、サービス
ターボチャージャの開発、製造、販売、サービス

また、以下の範囲は除く

  1. 現地工事及び現地でのサービスは除く。
  2. 寮・社宅は除く。