ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

沿革

1920年(大正9年) 三菱重工業株式会社の前身三菱造船株式会社の自動車販売機関、株式会社大手商会の芝浦工場として発足
1922年(大正11年) 三菱内燃機株式会社が芝浦工場を買収し、名古屋製作所芝浦分工場となる
1929年(昭和4年) 大井工場を新設し、輸入自動車の修理および戦車の試作を開始
1937年(昭和12年) 自動車量産のため、丸子工場を新設
1945年(昭和20年) 民需品(大型トラック、バス、農耕用トラクタ等)の生産開始
1950年(昭和25年) 旧三菱重工業株式会社は3社に分割され、東日本重工業株式会社東京製作所となる
1952年(昭和27年) 社名を三菱日本重工業株式会社に改称
1956年(昭和31年) ブルトーザ、モーターグレーダ、陸舶用高速ディーゼルエンジン、重トラックおよび特殊車両の生産開始
1964年(昭和39年) 三菱3重工合弁にともない、三菱重工業株式会社東京製作所となる
1970年(昭和45年) 相模原に移転、フォークリフト生産開始
1971年(昭和46年) 三菱重工業株式会社相模原製作所発足
1991年(平成3年) MHI Equipment Europe B.V.(オランダ)にてターボチャージャの現地生産を開始
以後、海外展開を進める
2012年(平成24年) 三菱重工業株式会社原動機事業本部より定置用エンジン事業を移管
2013年(平成25年) 三菱重工業株式会社のフォークリフト事業を分割し、日本輸送機株式会社と事業統合したニチユ三菱フォークリフト株式会社を発足
2016年(平成28年) 三菱重工業株式会社のエンジン事業、ターボチャージャ事業を分割し、三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社を設立
2017年(平成29年) メイキエンジン事業を分割し、三菱重工メイキエンジン株式会社を設立