ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME450kWガスコージェネレーションシステムのリモートラジエータ仕様を開発~停電かつ断水時も定格出力を維持したまま運転継続を可能に~

ページの本文です。

450kWガスコージェネレーションシステムの
リモートラジエータ仕様を開発
~停電かつ断水時も定格出力を維持したまま運転継続を可能に~

2017年5月31日
東邦ガス株式会社
三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成 義郎、以下「東邦ガス」)と三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(社長:花沢 芳之、以下「MHIET」)は、発電出力450kWのガスエンジンコージェネレーションシステム(以下、「ガスコージェネ」)において、新たに空冷式のリモートラジエータ仕様(以下、「本製品」)を共同で開発し、2017年6月1日より本追加仕様の販売を開始します。
 従来の冷却装置は、冷却水を循環させる水冷式の冷却塔仕様(以下、「従来品」)でしたが、本製品は空冷式のリモートラジエータとすることで、常時の冷却水補給が不要となり、災害発生時等の非常時に停電かつ断水が発生した場合でもシステム運転を継続することを実現しました。
 また、従来の空冷式では、冷却塔仕様に対して発電出力を抑えながら運転する必要が生じる場合がありましたが、本製品では、エンジンを最適に制御することで、発電出力を抑えることなく定格出力での運転継続が可能となります。
 東邦ガスとMHIETは、本製品を病院や商業施設、オフィスビル、工場などに提案し、エネルギー利用効率が優れたシステムとして、ガスコージェネの更なる普及促進を図り、事業継続計画(BCP)、省エネルギー、環境への貢献に積極的に取り組んでいきます。

1.本製品のガスエンジン外観

写真:ガスエンジン本体

2.特長

(1)空冷式のリモートラジエータ(注1)仕様にて定格出力での運転継続を実現
従来の空冷式では、エンジンに流れる冷却水温が上昇した場合の性能低下・不具合発生を抑制するために、水冷式に対して発電出力を抑えて運転する必要が生じる場合がありましたが、本製品は、エンジン制御の最適化により冷却水温の上昇に伴う性能低下を抑制し、定格出力での常用稼働を実現しました。
(注1)リモートラジエータとは、ラジエータをエンジンと異なる場所に設置する冷却システム

写真:リモートラジエータ仕様

(2)電源セキュリティ向上の実現
冷却装置を空冷式のラジエータとすることで冷却のための補給水が必要なくなり、ユーティリティとして燃料ガスのみで発電装置の運転を継続することが可能となります。従来品に搭載されていたBOS(Black out start)機能(注2)にラジエータによる冷却を組み合わせることにより、本製品では災害時に停電と断水が併せて発生した際にも、防災設備への給電、工場・ビルなどの保安設備への給電をより確実に行えるようになり、電源セキュリティを向上できます。
(注2)停電時に外部電源なしでエンジンを起動・給電する機能

<参考>仕様
内容 単位 蒸気・温水仕様 全温水仕様
パッケージ型式 - SGP M450-S SGP M450-W
エンジン型式 - GS6R2-PTK GS6R2-PTK
発電出力 kW 450 450
エンジン回転数 回転/分 1,200 1,200
NOx(エンジン出口) ppm(O2 = 0%換算) 200以下 200以下
発電効率(注3) 42.0 42.0
蒸気回収効率(注3) 17.5 -
温水回収効率(注3) 21.0 39.5
総合効率(注3) 80.5 81.5

(注3)都市ガス13A 低位発熱量40.60MJ/Nm3の時の換算値で裕度は+5%とします。
また、国際標準化規格(ISO 3046)による試験、計測方法にて効率を算出しています。

以上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る