ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOMEフィリピン・レイテ島の商業施設にディーゼル発電セットを2台納入 現地拠点MHIES-Pがフィリピン小売業最大手向けで

ページの本文です。

フィリピン・レイテ島の商業施設にディーゼル発電セットを2台納入
現地拠点MHIES-Pがフィリピン小売業最大手向けで

2018年11月20日発行 第006号

 三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:花沢 芳之、本社:相模原市中央区)がフィリピンで運営する販売・サービス拠点MHI Engine System Philippines, Inc.(MHIES-P、社長:本庄 邦弘)は、フィリピンの小売業最大手SM Prime Holdings, Inc. がフィリピンのレイテ島西海岸に位置するオルモック(Ormoc)市に新たに開業した商業施設「SM Center Ormoc」にディーゼル発電セット「MGS」(Mitsubishi Generator Series)2台を納入しました。11月16日に現地でオープニングセレモニーが開催され、MHIES-Pからも関係者が出席し、開業を祝いました。

 MHIES-Pは、2007年4月に設立。マニラ首都圏のモンテンルパ(Muntinlupa)市に本社を構え、フィリピン国内を対象に、主にディーゼル発電セット「MGS」の販売・サービス拠点としての役割を担っています。今回納入した2台は、出力1,700kW級と同1,400kW級です。

 「MGS」は、相模原市のMHIETで製造したディーゼルエンジンに、シンガポールのMitsubishi Heavy Industries Engine System Asia Pte. Ltd.(MHIES-A)やベトナムのMHI Engine System Vietnam Co., Ltd. (MHIES-V)で発電機・周辺機器を組み合わせたもので、島嶼部など大規模発電所建設が困難な地域の分散型電源として利用されているほか、建物の非常用電源としても利用されています。日本品質の高い信頼性と製品力を強みとして、東南アジア市場で欧米の競合製品に対して高い競争力を発揮しています。

 フィリピンでは、急速な経済発展を背景としてマニラ首都圏を中心に、個人消費増に伴う商業施設の新規開業や、BPO(Business Process Outsourcing)需要増に伴うオフィスビルの新設等、大規模施設の建設ラッシュが続いており、施設の非常用発電設備としてディーゼル発電セットの需要が急増しています。この動きはマニラ首都圏だけでなく、今回納入したオルモック市のような地方都市部にも波及する見通しで、今後も「MGS」の需要拡大が見込まれています。

 MHIETおよびその親会社である三菱重工フォークリフト&エンジン・ターボホールディングス株式会社(M-FET)は、今後もフィリピンをディーゼル発電セット「MGS」の重要市場と位置付け、豊富な販売実績を背景に新規受注拡大を目指すほか、既納製品のアフターサービスもより充実させることにより、さらなる売上拡大に向け注力していきます。

ディーゼル発電セット MGS1500B
ディーゼル発電セット MGS1500B
オープニングセレモニーの様子
オープニングセレモニーの様子

以上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る